マインド術

幸せになるのではなくて、幸せを感じられる人になると心に決めよう。

どんな人も幸せを追い求めていますよね。すべての行動や心の動きのモチベーションはここから来ていると言っても過言ではありません。

「幸せになりたい」
「どうしたら幸せになれる?」
「幸せって何?」
「幸せなはずなのにそう思えない」

いろんな思いがあると思いますが、ここでは、

”幸せってなるものじゃなくてあるものなんだよ”

というお話をしていきます。前提を変えてみよう!ということです。


目次

1. 幸せが感じられない理由。エセの幸せに注意
2.幸せを感じられる人の脳内。
3.本物の幸せって?
4.まとめ


1. 幸せが感じられない理由。エセの幸せに注意。

幸せが感じられない理由はたくさんありますが、一番は”自分以外のモノやヒトに満たされている状態を幸せ”と思っているからです。

・優しい彼や夫がいるから幸せ
・たくさんの人に支持されているから幸せ
・いい車に乗っているから幸せ
・お金がたくさんあるから幸せ、

…細かく書いたら書ききれませんが、自分の欲望を満たしてくれるものがたくさんあればあるほど自分は幸せだ、と思っている人がほとんどだと思います。確かに、欲望は魅力的ですし、叶えば自尊心が満たされて満足感でいっぱいになり、幸せな気分になりますよね。

でも、落とし穴があります。
この考えを逆にしてみると、

”これらがすべてなくなったら幸せではない”

ということになります。「普通は、そいうことなんじゃないの?」と思いますよね。確かに、無くなったら、失意のどん底に陥って、超不幸な人という看板を背負ってしまうかもしれません。だから、欲望が満たされると、不幸になるのが恐いのです、ゆえに、もっともっとそれを得ようと頑張ります。

これが、心に一番負担をかけるんですね。《欲望が満たされた喜び=失うことへの恐怖》、これを同時に抱えていることになるのですから。アクセルとブレーキを両方踏んでいる状態です。これを実際の車でやったら確実に壊れますよね。

ですから、私は外的な要素からいただく幸せは”幸せもどき”だと思っています。うれしいけど、それが本物の幸せと断定しない方がいいです。いただけるものは、ありがたく受け取って感謝したら、もっともっとと望みすぎないことです。それを追いかけ続けるから、心身に不調がでたり、いつまでたっても永続的な幸せな気持ちを持つことができないのです。


2.幸せを感じられる人の脳内。

本物の幸せは、自分の中にあります。
自分が世界をどう見てるかが重要ポイントです。
自分の意識に注意を払ってください。特に5感。自分が5感で受け取るものすべてに敬意を払うことができたら、合格です。

「今日も太陽が昇ってくれてありがとう」
「美味しいご飯が食べれてうれしい」
「着心地のいい服を着れて幸せだな」
「小鳥のさえずりが聴こえていい気分だな」
「神社の木の香りに癒されるな」

こんな風に、日常で当たり前に感じていて、取るに足らないようなことに意識を向けられたら最高です。そこで湧いてきた思いに反応して感謝したり喜べることができる、それが本当の幸せです。

自分の周りにある豊かさをみつけて、それに感動したり感謝したり喜んだりできること、それが幸せを感じられる人の脳内です。
ものすごく、ハードルが低いでしょう(笑)そうなんです、幸せって、地味なんです。日常のことなんです。


3.本物の幸せって?

「でも、じゃあ人に良くされた時の幸せって偽物なの?」
という疑問もでてきますよね。そんなことはありませんよ。ちゃんと受け取って喜んだり感謝したりすることはもちろん本物の幸せに繋がります。

が、それを求めて”いつもしてくれないと不幸”という考えになってしまうとそれは、”幸せもどき”となってしまいます。感謝やが欲望に変わってしまうんですね。これ、恋愛や夫婦間でのアルアルですよね。幸せの搾取は辞めましょう。

そう考えると、自分の身近に幸せの要素って無限にあることにきづきますよね。そうなんです、呼吸できていることや心臓が動いていること、究極は自分が存在していること自体が幸せです。なぜなら、自分がいなければ、体験も体感も考えることもできませんから。

だから、幸せってみ~んな持っていて平等にあるんです。もうすでにあるのです。それをどれだけ感じられるかによって幸せの度合いが変わってくるのです。

「自分は幸せじゃない」って信じてしまっている人は、ずっと不幸です。「○○がないから不幸です」って信じてる人は、ずっとないという不足感を追いかけているから満たされず不幸です。そうではなくて、今ここに存在していて生きていることが幸せ、と感じられることが最高の幸せです。

ですから、”幸せになる”のではなくて、すでにある幸せを感じられるようになる、これを目標にするといいのです。


4.まとめ

幸せって、普通に日常で使う言葉ですが、人によってその前提は違うのです。だから、迷うし、人と違うことですれちがってしまうこともあるけれど、自分が存在していることが幸せと設定すれば、誰ひとり例外なく幸せです。幸せであるという前提の元で、幸せ探しをしながら日常を生きていくと、心が安心と感動でいっぱいになって幸せを感じられるようになりますよ。

私も日々、そんな意識で過ごしています。モノで溢れている世の中ですが、モノだけに囚われることなく、心の豊かさを大切に、幸せを感じられるように過ごしていきたいですね。

今回は以上です。

最後までお読みくださり、エフハリスト、ポリィ♪(ギリシャ語でありがとうございました)



■心の豊かさをお届けしている奈緒子のメルマガでは、ざっくばらんにマインド術や精神世界のことを書いています。ご興味がある方はご登録くださいね♪https://resast.jp/subscribe/113536/1946203

■青山奈緒子のプロフィールhttp://naokolouloudia.com/category/uncategorized/

この記事のシェア歓迎です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。