マインド術

固定観念を外して本当の心の自由を手に入れるための5つのステップ

自分でも知らないうちに、自分だけのルールや信じ込んでいる常識、思い込みに囚われてしまって、身動きが取れない、なんてことありませんか?何かをやろうとしても固定観念がじゃまして、怖くてできないことがあるなら、それはやはりその考えを解除してあげたほうがいいです。心の制限というのは、この固定観念があることで起こるのです。


今回は、この固定観念をしっかり認識して、心を解放して自由にしてあげる方法を5つのステップでお伝えします。



目次

1.固定概念の強い人の特徴
2.《ステップ①》具体的に悩んでいることを取り上げる
3.《ステップ②》悩みの根源を自分視点で見つめる
4.《ステップ③》悩みの根源の発生元を外的要因から探す
5.《ステップ④》悩みを悩みではなく楽しみにする考えを見つける
6.《ステップ⑤》悩みの解決方法を具体的に決める
7.まとめ



1.固定観念の強い人の特徴

固定観念が強い人の特徴は、”恐がり”さんです。つまり、”恐れ”の感情が強い人。この原因は、生まれ持ってきた今世の学びとして備わっている人もいますが(インド占星術のチャートからわかることがあります:バイオコスミック鑑定)、ほとんどは幼いころからの成長の段階で身についてしまったものです。成長の段階で、必要な体験をしてこなかったために原始反射が統合されずに”恐れ”に非常に敏感に反応してしまう人もいますし、一番多いのは、自分の身を守るための方法としてある一定の考えを信じ込んでしまっているパターンです。


ほとんどの人が、親、特に母親の言動によって自分の考え方を決めてしまうことが多いです。母親が自分の意見を強く主張する人で、反対すると怒られたという経験があると、無意識に「お母さんがこう言ってるからそうなんだ」と潜在意識にすりこまれていくんですね。これは、父親や先生から言われたことについても同様の影響があります。怒られたり、嫌われることが恐いから、それを回避するために他人のある一定の考え方をかたくなに守り続けているというわけです。


では、ここでは、そのかたくなな考えを辞める方法と、新しい考えをインプットする方法をお伝えしますね。こちらは、書くワークとなります。お手持ちの紙やノートでもよいのですが、私がおすすめしている奈緒子オリジナルの心の制限を外すワークシートをご活用いただくと、かなり書きやすいのでそちらを使ってみてください。


心の制限を外すワークシート(無料)https://resast.jp/inquiry/69443



2.《ステップ①》具体的に悩んでいることを取り上げる

自分の悩み事を具体的に書いてみてください。どんなことがありますか?最初は、一番大きな悩みをひとつだけ書いてみてください。慣れたら、いくつも書いても良いです。”心の制限を外すワークシート”には、例文がそれぞれのステップに書いてあるので参考にしてくださいね。書けたら次に進みます。



3.《ステップ②》悩みの根源を自分視点で見つめる

書いた悩み事の原因を探していきます。その悩みの発端は、たいていが誰か他の人や周りの出来事がきっかけで起こったのではないですか?そう、外的要因で起こったことは、ただのきっかけに過ぎず、本当の悩みの原因ではありません。起こった出来事に対して自分の中の何かが反応しただけなんです。だから、本当の原因は自分のなかにあります。


ということで、ここでは、自分を主語に置いて、考えられる自分の気持ちをかいてみましょう。書き方は、


「自分には○○がないから」
「私は○○だから」


というようなスタイルで書いて下さい。捕捉ですが、”自分には”や”私には”のあとに、”どうせ”をつけると書きやすくなります。そう、拗ねちゃってるんですね、心の中では(笑)そこを見つけてあげてください。



4.《ステップ③》悩みの根源の発生元を外的要因から探す

では、《ステップ②》で書いたように思うようになった過去の経験を探ってみましょう。


誰かに言われりされたりしたことや、悲しい経験などあるはずです。ここが最初にお話しした、固定観念が身についてしまった要因となります。お母さん、お父さん、先生、友達、仕事関係の人達とのやりとりで、ショッキングな体験やずっと言われ続けてきたことなどを書いてみてください。そのことで自分を卑下してみるようになってしまったことを知って理解しましょう。



5.《ステップ④》悩みを悩みではなく楽しみにする考えを見つける

ここまでくると、”な~んだ。私って、本当はそういう人じゃないんだわ”ってことが何となくわかってきませんか?”周りから言われたことは、言った人がそう感じただけであって、私がそういう人ということではないんだ。そう見えたのは、その人の問題なんだ”ということに気づいて下さい。


ではここで、あなたが知ってる本当のアナタを書きましょう!心を無にして、単純に、《ステップ②》で書いた文を反対の意味に置き換えて書いて下さい。例えば、


「私はやることが遅い人だから」は
「私はやることがとても丁寧な人なんです」


という具合です。



6.《ステップ⑤》悩みの解決方法を具体的に決める

最後は、《ステップ④》で書いた私が、本当の私、という前提で、最初のお悩みを解決できる高校を具体的に書いて下さい。


先程の例で言うと、お悩みが”やることが遅くて最後までかたずけられない”だとすると、


「やることがとても丁寧な私は、一日一か所だけ丁寧に掃除をすることにします」


というように書きます。


このように、悩みを解決するには、不要な固定観念を意識から排除してから、新しい考えをインプットしていかなくてはいけません。これが、本当の解決方法です。ですから、「あの人のせいで」とか「あんなことが起こるから」と周りのせいにする反応を辞めないといつまでたっても解決はできません


悩みというのは、すべて、自分の心の中で起こってることですから、自分の思い込みを外す以外方法はないのです。



7.まとめ

いかがでしたか?なにか、新しい発見があったのではないでしょうか?こんな風に、セルフワークをしながらお悩みを解決できたら、楽しくありませんか?ぜひ、何度もこのやり方で、解決していってください。心が解放されて、自由な心を手に入れてくださいね!


先程もご案内しましたが、心の制限を外すワークシートは無料ですので、ぜひダウンロードしてご活用ください。


また、来月11月5日と21日にこのワークシートを私が実際に解説しながら完成させていくワークショップがあります。zoomで皆さんとシェアしながら進めていく楽しい会ですので、やってみたい!、というかたのご参加をお待ちしています。詳細は、下記のリンクからご覧ください。


では、最後までお読みいただき
エフハリスト、ポリィ♪
(ギリシャ語でありがとうございました)



心の制限を外すワークショップ~ワークシートの活用法&レクチャー~
https://resast.jp/page/event_series/74566 11月5日・11月21日

心の制限を外すワークシート(無料)https://resast.jp/inquiry/69443

この記事のシェア歓迎です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。