マインド術

友達が少ない方が幸せを感じられるという事実からみえること~減らすと増えていく仕組み~



”人の悩みの8割は人間関係”と言われるほど、人間関係は悩みの種ですよね。ここでは、友達関係にスポットを置いて話しますが、職場の人間関係や親戚付き合いなどにも同じことが言えますので、応用して考えてみてください。

では、始めていきます。



1.友達が多いのは良いことという考え方

小学生の頃から、「友達100人できるかな~♪」なんて歌を聞かされてきたように、友達がたくさんいるのが良い子で、親も友達ができないと異常に心配したりと、そんな幼少期を過ごしてきた私たちは、自然と友達がいないことはダメなことなんだということをインプットされてきました。


確かに、友達が多いと人気者になれるし、何かあっても味方になってくれたり、忘れ物をしても助けてもらえたり、メリットはあります。大人になれば、仕事をする上で、相談できたり助けてもらえたり、情報をもらえたりとこれもメリットはありますね。


そして、共通して言えるのは、


”ひとりじゃない、さみしくない”


という感覚を持てることだと思います。そこには、承認欲求というのも含まれます。ですので、全体として、外から安心感を得られるというのが友達が多いメリットと言えます。



2.友達が多いことのデメリット

では、反対に友達が多いとどんなデメリットがあるのでしょうか。


友達が多いと、自分の事以外で忙しくなります。つまり、お誘いが多くて落ち着いて自分の生活が送れない、ということが起こりやすくなります。


仕事帰りには、お茶したり、ご飯を食べたり、飲みに行ったり、休日には、BBQに誘われて行ったり、小旅行だお食事会だピクニックだと出かけたり…忙しくなりがちです。断ると、次には誘われなくなる気がして断れなくて、ついつい出かけてしまう、そんなことが起こります。


実際、楽しいかもしれませんが、自分の気が休まりませんよね。いつも気が外に向いてしまっていて、”自分が自分に在らず”になってしまいます。これでは、いずれ自分のエネルギーが枯渇して精神的にまいってしまいます。このような状態になっても、ひとりになることが恐くて誘いを断れない人もいます。


誘いを断れない、いい人をやっている人は、自分と繋がらずに他人と繋がることを選んでいる人です。日本人特有の義理と人情の世界で生き過ぎてしまうと本当に辛くなるので辞めましょう。付き合いの悪い人くらいが丁度いいのです。それで、離れる人はそれまでの人。本当にあなたを見て大切にしてくれる人ではなかったということです。


また、感受性の強い人が友達を増やしたりすることは、それこそ精神的によくない影響を与えるので辞めた方が良いといえます。



3.友達が少ないとどうなる?

では、反対に友達が少ないことのデメリットはなんでしょう。


ひとつは、さみしい気持ちになること、あとは、ワイワイ楽しい会に行く機会が減ること、くらいでしょうか。もうひとついうならば、承認欲求が満たされない、ということです。


「私は人気がないんだ、ひとに求められない人間なんだ、」


とすねた気持ちになってしまうことですね。


ですが、よく考えてください。


たくさん友達がいても、本当にあなたを大事にして理解していなかったとしたら、その友達は必要でしょうか?一人になることが恐いからつながってるだけの関係で、本当に心は満たされますか?


それよりも、自分と向き合う時間を増やして、本来の自分を取り戻すことに時間を割いた方が人生は充実します。自分が自分に落ち着いていられるようになることで、自分軸がつくられます。


また、ひとりになると、誰が本当の自分を見ていてくれるのかが分かるようになります。その人とだけ繋がっていれば、幸せに生きられるのです。


ですから、たくさんの人と繋がって、お互いのメリットを奪い合うような損得勘定だけの希薄な関係を増やすのではなく、本来の自分をそのまま受け容れて大事にしてくれる、数少ない友人と繋がる方が健全と言えます。



4. 減らすと増えていくものが本物です。

ということで、上記の

”減らすと増えていくもの”は何かというと、それは、”心の豊かさ”です。


毎日、一生懸命に生きている人たちにとっては、不要な関わりを減らすことで、自分へ使う時間や投資ができるようになります。そうすると、より自分を大切にして愛せるようになりますし、それと同じくらいに本当に大切な人達にだけ愛情を注ぐことができます。


ここで減らすということでお勧めしたいのは、断捨離です。片付けで世界的に有名な、こんまりさんは、


「片付けは、いい人だとできません。ある意味、人でなしにならないとできないのです。」


とおしゃっています。

つまり、友達や仕事関係、親戚家族とのつながりが多いほどいい人をやっている場合が多く、そういう人ほど、義理や過去の出来事に執着しているから、そういう人たちと関係のあるモノが捨てられないのです。


ですから、逆に言えば、断捨離ができれば、いい人を辞められて、自分を大事にできて、少ない友達も大事にできて幸せになれる、のです。


これからは、友達が少ない、と嘆く時代ではありません。本当に大事な友達と繋がり、自分が居心地の良いコミュニティーに属しながら、自分で自分をよくみてマネジメントしていきながら、豊かになっていく時代です。


ですから、友達が少ないことはすばらしいことです!だって、あなたは自分に深い愛情を注ぐことができる”愛の人”ということなんですから!



ここからは、私の宣伝になりますので、必要ない方はスルーしてくださいね。


無料のメルマガでは、このようなお話を、2日に一度くらいのペースで配信しています。この機会に、私のメルマガを購読してみませんか?ぜひ、お待ちしております。


◆メルマガ購読https://resast.jp/subscribe/113536/1992830



では、今回はこの辺で。
エフハリスト、ポリィ♪
(ギリシャ語でありがとうございました)


◆関連記事:モノの断捨離と心の断捨離で人生を劇的に変えてく話~私の場合・2021年~


この記事のシェア歓迎です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。