Daily life

人生のハードルを下げて、楽に自分らしく生きるための5つの提案

タイトルを見て、そもそも人生のハードルって何?と思う方もいると思います。


色んなハードルがありますが、ひとつは、社会的な上層部をめざしてがむしゃらに働いたり、行動したりすることがあります。それが、楽しくてたまらない!という人はどんどんチャレンジするといいと思いますが、それが向かないのにやってしまうと、心の病気にかかってしまったりします。


ところが、人生のハードルを下げると、そういった危険性が格段に減ります。このことで得られるメリットというのはたくさんあって、まずは心の病気にならない、人間関係で悩まない、どこでも楽に生きていける、などが挙げられます。


私は、正直、人生のハードルを上げることも下げることも、どちらもできますし、どちらも好きですが、ここ最近は欲がほとんどなくなってきたので、どんどん人生のハードルを下げています。(とはいっても、ビジネスは好きなので、お仕事は楽しく続けていますが。)


この内容は、賛否両論あるかもしれません。なので、それぞれの価値観で読んでいただけたけたらと思います。(”こんな考え方もあるんだな~”という風に)ただ、これで生きていると格段に生きることが楽になります。それは保証できます。


ということで、今回は、私の経験も踏まえて、この人生のハードルを下げるための4つの提案をしていきますね。



1)人と比べない・社会と比べない

対人関係の悩みNo1・2に入る原因がこれ、”人と比べること”です。


人と比べて、落ち込んだり、羨んだり、嫉妬したり…反対にマウンティングしたりと、比べることでマイナスに働くことはたくさんありますね。わかります、私も人と比べて「自分はなんて能力がないんだ」と落ち込むことあります。でも、これは本当にエネルギーの無駄ですよね。


じゃあ、どうしたらいいのかというと、まずは、SNSを見る回数を減らしましょう。これに尽きます。他人の動向を見るから心が乱れるんです。通知をOFFにしたり、ミュートにしたりすれば気になりません。見たい時に、自分の意思で見に行く、というスタンスが良いです。SNSを見ない時間を決めることもよいですね。



そして、”社会と比べない”については、無意味なネガティブ&ゴシップなニュースは見ない、です。


特に、朝イチからTVをつけてそういったニュースを見るのは本当にNGですね。たった、数秒のニュースなのに自分の頭に1時間くらい残ることってありませんか?これもエネルギーと時間の無駄使いです。


もっと、自分のためになることにエネルギーと時間を注ぐべきです。ニュースばかり見ているとどんどん他人軸の人生になってしまいます。必要なニュースは自分から見に行くのが良いです。


私の場合は、普段はいっさいTVはつけません。コンセントを抜いてます。TVがなくてもぜんぜん困らないですよ。


また、一般論や普通は、という括りで比べないことも大事です。”うちはうち”の精神でいましょう。



2)自分の強みを知って強化する

自分の強みって何でしょうね。私もこの言葉を聴くまで自分の強みなんてない、と思ってました。


これはYouTube動画の【自分らしさを出すのに個性はいりません】とも関連しますが、自分の強みは、自分の経験してきたことの中にあります。ずっと、長年普通にできていること、それが自分の強みになります。


自分は昔からひとつのことをコツコツやれるタイプならそれが強みですし、色んな事に興味を持ってパッと取り掛かることができるのであればそれが強みです。具体的に、料理が得意・掃除が好き・編み物が得意などなどあればそれが強みです。


では、強みがあるとなぜ、人生のハードルが下がるのかと言えば、強みになることを強化していけば、無理なく苦労なく毎日を暮らしていけるからです。頑張り過ぎず楽しく過ごしてくためには、強みをどんどんやっていくことです。



3)無駄に動き回らない

人は、身軽にフットワーク軽く動ける人に憧れます。


実は、私はフットワーク軽い方です。思い立ったらすぐに行動しますし、遠くにも行きます。(海外とか)でも、普段は、引きこもりです。あまり、人とたくさん関わることをしません。必要性があったり、自分がどうしても会いたい人があった場合だけ動きます。なので、なんとなく面白そうとか、行ったほうがメリットあるかも、という理由では動きません。


これをするようになってから、何が変わったかというと、1)でお話しした、”人と比べる”ということがなくなったり、無駄に疲れることがなくなりました。


社会的には、色々な人物と交流して人脈を作ることがビジネス的には良いとされていますが、これはかなりハードルが高いですよね。なので、私はあえて、こういうことはしないようにしています。



4)社会性低く生きる

「えっ!いいの?」って思いましたか?いいんです。


これは3)の続きになりますが、良~く考えてみると、一般社会に馴染んで生きていても、アウトロー的に生きていても、どちらも誰にも迷惑かけませんよね。自分の価値観がどこにあるかが大事なわけで、社会性高く生きても幸せでないなら辞めてもいいのです。自分で仕事をして稼いで自分がハッピーで満足していられるなら、それでOKです。


無駄に上を目指すのは、誰かに認めてもらいたいとか、見返してやりたいとか(親の場合が多いです)の気持ちがあることが多いです。


「それって、本当に必要?それで本当に幸せ?


自分が、無理をして上を目指そうとしている時にはこの言葉を自分に言ってみてください。なにかが見えてきますよ。 



5)本当に必要な人とだけ時間を共有する

これも今までの話と重なる部分ですが、基本的に”引きこもり最高”と思っている私です。


自分の自由意志で誰といたいかを決めればいいし、嫌悪感を感じる人とは長い時間居る必要はないです。そして、損得勘定で人間付き合いをするのは本当に辞めた方がいいです。


人生のハードルを下げるためには、広く浅くではなく狭く深くを心がけましょう。


自分の愛の気持ちがすみずみまで行き渡る範囲内で人と交流すると、自分が自然体でいられますし、ひとりひとりに自分の優しさをナチュラルな形で無理なく差し出すことができます。


そうすることで、頑張ることなくお互いの貴重な時間を共有することができます。ですから、引きこもることは、こういうつながりを大切にする意味があります。



まとめ

今回の話は、私が実際に体験して発見して実践していることでもありますし、偶然にも有名ブロガーの方も似たようなことをおっしゃっていました。


私にはアウトロー的な考えを持つようになったきっかけがあります。


それは、若い頃(22歳ころ)インドをバックパックで旅したことです。そこで体験した非日常の生活環境のなかで、「別に贅沢しなくても、ほんの少しのお金でこんなに充実した毎日が送れるんだ!」ということを学びました。一日数百円で過ごせる世界があるなんて本当に新鮮で驚きでした。あの頃から、自分はどうなっても楽しんで生きていける、と悟ったのです。



人生のハードルを下げることは、人としてナチュラルに生きることです。自分を大切に生きることでもあります。


繊細な方や自分の世界を大事にしたい方は、どんどん人生のハードルを下げて、あなたたけのハピネスの中で生きてみてくださいね。私もそんな風に生きていきます。



では、今回はこの辺で。
エフハリスト、ポリィ♪
(ギリシャ語でありがとうございました)



◆メルマガ購読:このようなワークや、マインドの扱い方・日々の心がけなどをメルマガに書いています。心が積極的になって、毎日が穏やかに過ごしたい方、よかったら購読してみてください。https://resast.jp/subscribe/113536/1983279

◆関連記事:未来を思い描けない時にするといいことhttp://naokolouloudia.com/%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e3%82%92%e6%80%9d%e3%81%84%e6%8f%8f%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84%e6%99%82%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%84%e3%81%93%e3%81%a8%e3%80%82

この記事のシェア歓迎です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。